ATS 事業協同組合
電話番号: 092-671-5386 ajia.japan733@gmail.com
http://www.asia-japan.net

社内活性化

従業員の高齢化が進んだ会社では若い技能実習生たちが交わることにより職場が活性化します
また技能を習得して母国で活躍したいという実習生たちは熱心に働きますので、実習生の意欲的な働く姿が日本人従業員にとって刺激となります

定着と業務継承へ
企業では業務内容や待遇面により国内の若い人材が定着しないことが多くみられます。本制度を活用して、技術・技能・知識の修得に意欲的な若い技能実習生を受入れることにより一定期間の人の定着により安定に運営業務継承が図れます
入国後1年間は「技能実習1号(ロ)」として企業の基礎技術を修得し、その後「技能実習2号(ロ)」の2年間でさらに高度な技術・技能を習熟することとなりトータル3年間の受入れが可能となります
(一定の条件を満たした場合、技能実習3号(ロ)への移行が可能となり最長5年となります)
 国際貢献と国際化
実習生の受入れによって彼らの出身国との交流が促進され、海外との取引や、海外進出の契機になります
また日本の技術・技能・知識を企業にて修得した技能実習生が帰国後母国にてそれらを活用し母国の発展に貢献することは企業にとって大きな国際貢献といえます

外国人技能実習生制度
オンラインサポート

電話番号

(+81) 92-671-5386

(+81) 92-671-5386

ajia.japan733@gmail.com


Copyright © 2018 asia-japan.net. All Rights Reserved.